■おしらせ

2024/06/03
令和6年7月のドクタースケジュールを追加しました。
2024/04/30
令和6年6月のドクタースケジュールを追加しました。

院内設備

手術用顕微鏡 ルメラ700

電動式のズームフォーカス機能やダイレクトハロゲン照明システムなど、難しい手術をサポートする手術用顕微鏡システムです。

コンステレーションR ビジョンシステム

白内障・網膜硝子体手術を同時に行う事のできる手術装置です。

光学式眼軸長測定器 ARGOSR

高度なSS-OCT技術を有し、白内障手術前に行われる眼軸長測定検査をより早く、より簡単に、より高い精度で行うことができます。
独自の測定方式を有し、従来の検査機器よりも精度の高い軸長データの計測が可能です。

VERION イメージ ガイドシステム

切開位置や人工レンズのインプラント位置などを術者に知らせてくれます。そのため従来の手術よりも正確性、再現性を高めることが可能になります。

眼底検査装置OCTスキャナー

失明原因第一位の緑内障だけでなく、多くの失明原因となっている黄斑部疾患など、眼底の様々な病気の発見を行うことができます。
赤外線を利用して網膜(眼球内の一番奥にあり、カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断面を画像化します。

眼科用レーザ光凝固装置

眼科用レーザー光凝固装置(PASCAL Streamline)は、網膜光凝固(PRP)が効率的に行える医療機器です。患者様の疼痛の軽減と治療時間の短縮が図れます。

SLTレーザー

緑内障治療のために使用する機器です。繊維柱帯のメラニンのみを標的とし、組織破壊を伴わずに房水流出を高め、眼圧を低下させます。